この記事内では広告を利用しています


【FGO攻略】UDK-バーゲストの性能評価 | 相性の良いサーヴァントや運用方法も紹介!

FGOUDK-バーゲストアイキャッチ

数多くの魅力的なサーヴァント(キャラクター)が登場する人気アプリゲーム作品「Fate/Grand Order(以下:FGO)」。

そんなFGOに登場するサーヴァントについて1人をピックアップし、強みと、相性の良いサーヴァントを紹介していきます。

今回のテーマは「UDK-バーゲスト」です。

この記事を読んでいる人におすすめ

\ 新作&注目ゲームアプリ! /

毎日10連ガチャ引ける最新RPG!

新作 2月29日リリース

悠々西遊

戦略バトルRPG

iOS Android

レビュー記事執筆中

家庭用ゲームクオリティをスマホに!

新作 2月27日リリース

エクスアストリス

ターン制SFRPG

iOS Android

※有料(1,500円買い切り)

最大3,000連ガチャを無料でできる!

新作 2月23日リリース

キノコ伝説

冒険放置RPG

iOS Android

レビュー記事はこちら

始めるなら今!最新作の戦略ゲーム!

新作 1月17日リリース

王国のドラゴン

戦略ストラテジー

iOS Android

レビュー記事はこちら

この記事を読んでいる人におすすめ

\ 注目ゲーム! /

800以上の英雄と8種類のゲームモードで無数のビルドを楽しめるターン制RPG!

PCゲーム

Raid: Shadow Legends

\ モンスターハンターとコラボ実施中! /

PCで今すく遊ぶ!

100人を超える美人秘書とともに大金を稼ぐ美少女本格経営シミュレーションゲーム!

ブラウザゲーム

トリリオン・セクレタリー

美少女本格経営シミュレーション!

DL不要で今すぐ遊ぶ!

目次

UDK-バーゲストとはどんなサーヴァント?

FGOUDK-バーゲストセイントグラフ

FGOに登場するサーヴァント「UDK-バーゲスト」とは、星4のアーチャークラスサーヴァントです。

2023年8月11日より開催されているFGOの夏イベント「サバフェス2023」に合わせて実装された、新たな水着サーヴァントとなっています。

イベントでの登場は「水着バーヴァン・シー」同様に前半からですが、ガチャでの獲得は2023年8月15日よりと、イベント後半からの参戦となりました。

ちなみにUDKとは「Union Defence Knights」の略であり、ハワトリアの災害を防ぐためにバーゲスト自身が作ったサーヴァント組織です。

また、UDK-バーゲストも水着バーヴァン・シー同様に霊基再臨で名称が変化するという特徴を持っています。

初期段階ではUDK-バーゲスト、第2段階では「バーゲスト」、第3段階では「妖精騎士バーゲスト」と名乗るように。

この記事では最終段階と初期段階で使われている「UDK-バーゲスト」で記述していきます。

UDK-バーゲストの性能はどんな感じ?

FGOUDK-バーゲスト攻撃モーション

FGOに登場するサーヴァント「UDK-バーゲスト」の性能を一言で表すと「Arts系アタッカー」。

宝具の攻撃範囲を任意で変更することができるという唯一無二の個性を持ったサーヴァントであり、周回からボス戦までこなせる性能が魅力です。

宝具威力変更可能という強い個性が光る存在であるものの、大まかな性能自体に癖はありません。

総じて素直で使いやすいサーヴァントとなっています。

UDK-バーゲストの特徴

FGOUDKバーゲスト戦闘

FGOに登場するサーヴァント「UDK-バーゲスト」は、臨機応変な活躍が見込めるアタッカー。

では、そんなUDK-バーゲストの特徴を解説していきます。

任意で攻撃範囲を変更可能な宝具

FGOUDK-バーゲスト宝具

FGOに登場するサーヴァント「UDK-バーゲスト」の大きな特徴として、任意で宝具の攻撃範囲を変更できるという点が存在。

UDK-バーゲストの宝具「災禍祓う日輪の角」は通常だと全体攻撃Arts宝具となっています。

ですが、スキル「ストライク・ウェーザーB」を使用すれば、宝具威力上昇効果に加え、任意で宝具の攻撃範囲を単体に切り替えることができるのです。

スキルの持続ターン中は選択した宝具の範囲となり、継続して選択範囲で戦闘ができるのも特徴ですね。

また、この効果は選択制であり、攻撃範囲を切り替えないと選択すれば、そのまま全体宝具として使用可能

単体の手ごわい敵と直面したら単体に、普段の周回のお供には全体で対応という使い方ができる、器用な性能の持ち主となっていました。

尚、宝具の攻撃範囲変更は、UDK-バーゲスト以外にも、通常版の「メリュジーヌ」が所持。

ただしメリュジーヌの場合は属性変更も行われる上、第1再臨、第2再臨時のみ限定。

スキル「レイ・ホライゾン」使用時に強制的に変更されます。

そして以降戦闘終了後までレイ・ホライゾンと宝具の性能、及び外見が第3再臨時専用のものに固定されることになるのです。

自由に切り替えができるという特性は、現状実質的にUDK-バーゲスト専用と言えますね。

ちなみに、ストライク・ウェーザーBの効果にはひっそりと「超巨大」特性付与という効果も。

「浅上藤乃」や「ネモ」、「アーサー・ペンドラゴン」や「テスカトリポカ」などに特攻が取られてしまう可能性があるため、運用の際には注意してください。

星3以下と一緒でパワーアップ

FGOUDK-バーゲスト星3以下でパワーアップ

FGOに登場するサーヴァント「UDK-バーゲスト」の特徴として、星3以下のサーヴァントと一緒で強くなるというものもあります。

UDK-バーゲストのスキル「守護騎士連盟A」は、自身の攻撃力とクリティカル威力をアップしつつ、攻撃時に味方全体のHPを回復する「弱肉保護」状態を付与するという効果を所持。

それに加えてユニーク効果として、味方に星3以下のサーヴァントがいる時のみ、追加で攻撃力上昇効果と毎ターンスター獲得状態を付与することが可能です。

通常は最大30%となる攻撃力アップ効果を更に20%上乗せし、50%という破格の倍率に変化させることができます。

大幅な攻撃力上昇効果が望めるため、できる限りは星3以下のサーヴァントと一緒に運用することがおすすめです。

ちなみに、「マシュ・キリエライト」はゲーム進行に応じて星3から星の数が変更される特殊なサーヴァント。

ですが、星4以上になっても星3判定となるため、迷った場合はマシュを使うといいかもしれませんね。

炎上フィールドでひっそりパワーアップ

FGOUDK-バーゲスト炎上パワーアップ

FGOに登場するサーヴァント「UDK-バーゲスト」の気づきにくい特徴として、炎上フィールドでのパワーアップがあります。

UDK-バーゲストはクラススキルとして「雷雲喰いA」というものを持っており、炎上フィールド内ではやけどや延焼効果を受け付けません。

更に、炎上しているフィールド内限定ではありますが、毎ターンNPを獲得するという特性も付与されているのです。

効果量は5と低めではあるものの、毎ターン5ずつ獲得できるのは、あと一歩NPが足りないという状況を減らしやすく、意外とありがたいもの。

非常に狙いにくいものの、狙えるなら狙ってみましょう。

UDK-バーゲストと特に相性が良いサーヴァント

FGOUDK-バーゲスト編成

FGOに登場するサーヴァント「UDK-バーゲスト」と相性が良いのは、勿論Arts系サポーターです。

その中でも特にUDK-バーゲストの特性を生かしやすい低レア層との組み合わせが良好ですね。

特に相性が良いと考えられるのは、以下のメンバーです。

  • アルトリア・キャスター(キャスター)
  • 徐福(アルターエゴ)
  • 張角(キャスター)

では、詳しい組み合わせ解説をしていきます。

アルトリア・キャスター(キャスター)

FGOUDK-バーゲストアルトリア・キャスター

FGOに登場するサーヴァント「UDK-バーゲスト」と相性が良いサーヴァントとして挙げられるのが「アルトリア・キャスター」です。

アルトリア・キャスターは星5のキャスタークラスサーヴァント。

Arts系サポーターとしては「人権」と呼ばれるレベルの必須級キャラクターであり、Arts系サーヴァントとは鉄板の組み合わせとして扱われています。

スキルによるArts性能&攻撃力アップ、高いNP供給、NP獲得効率アップと、Arts周回系サーヴァントに欲しいものが全て揃っているのが大きな特徴。

1騎いるだけでほぼ全てのサポートを賄うことができます。

更には宝具で攻撃力を上昇させるほか、耐粛清防御の付与を行うことで防御面も完璧にこなしてくれるでしょう。

Arts強化性能やNP供給性能はArts系サポートサーヴァントではトップクラスの性能を持っているのがアルトリア・キャスター。

UDK-バーゲストをメインで運用するならおすすめしないわけにはいかない性能と言えますね。

徐福(アルターエゴ)

FGOUDK-バーゲスト徐福

FGOに登場するサーヴァント「UDK-バーゲスト」と相性が良いサーヴァントとして挙げられるのが「徐福」です。

徐福は星3のアルターエゴクラスサーヴァント。

「ぐっ様」こと「虞美人」へのサポートよりもArts系サーヴァントへのサポートの方が得意な性能を有しているのが特徴です。

徐福は各種スキルを使用することでArts性能とクリティカル性能を引き上げ、UDK-バーゲストの攻撃力を上昇させることが可能

更にArts系全体宝具による周回にはありがたい「NP獲得量上昇」と「NP配布」も完備しています。

また、宝具はサポート系でありながら攻撃力アップなどは持っていませんが、毎ターンスター獲得ができるのが利点ですね。

Arts系では確保しにくいクリティカルスターを20個も供給してくれるので、クリティカル攻撃には困ることがないでしょう。

更に徐福は前述の通り星3で、UDK-バーゲストのスキルによる自己強化トリガーの対象。

隣に置いておくだけで十分に役割を発揮できると言えます。

宝具によるシステム周回のお供としては十分な性能を持っているため、コストダウン目的の起用からメインサポーターとしてもおすすめですね。

張角(キャスター)

FGOUDK-バーゲスト張角

FGOに登場するサーヴァント「UDK-バーゲスト」と相性が良いサーヴァントとして挙げられるのが「張角」です。

張角は星3のキャスタークラスサーヴァント。

多彩なフィールドセット能力と、ArtsやQuick支援を得意とするサポーター性能を有しています。

張角は徐福ほどサポートに振り切った性能はしていませんが、Arts性能アップとクリティカル威力アップは所持

自身の宝具がQuick全体攻撃のため、クリティカルスターの確保もしやすいと言えるでしょう。

また、条件によりますが、宝具で各種カードへの耐性を下げることができるため、結果的にUDK-バーゲストの火力に貢献することができると言えます。

それ以上に張角を起用する大きな理由が、フィールドセット能力にあります。

UDK-バーゲストは炎上フィールド上でしか手に入れられない毎ターンNP獲得スキルを所持。

この炎上フィールドは自前で用意できない上、付与されているフィールドも非常に限られています。

そのため、彼女の能力をフル活用したいという場合は、炎上フィールドを用意して上げる必要があるのです。

そんな炎上をフィールド付与できるメンバーはたったの3騎であり、その内2騎は期間限定獲得かつ星4以上。

更にどちらかというと自己強化メインのBuster系と、とにかくUDK-バーゲストとは噛み合いません。

その点張角は付与が確率に左右されるとはいえ、星3という低レアかつ恒常入手可能、更にUDK-バーゲストの能力を強化することも可能です。

クラス相性はやや噛み合いませんが、サブのサポーターとしてバフ&UDK-バーゲストのスキルトリガー要員として起用するならば十分。

アルトリア・キャスターや徐福などのメインサポーターのパートナー及びコストダウンメンバーとして扱うのがいいでしょう。

「システム適正」はある?

FGOUDK-バーゲストシステム適正

FGOに登場するサーヴァント「UDK-バーゲスト」はシステム適正がやや低め

Arts系全体攻撃宝具ではありますが、NP効率が高くないことが原因と言われています。

彼女でシステム周回編成を組む場合は、NP補助がしやすい「Wキャストリア」構成にプラスして、徐福などのシステム周回向きArts系サポーターを更に編成していく必要があるでしょう。

概念礼装でNP獲得量を補助したり、Arts性能をアップしたりなどをしていけば尚安定します。

総じて、不可能ではないものの、同時期に登場した「水着メリュジーヌ」には及ばない程度に覚えておくといいでしょう。

尚、その分宝具の威力は強力であり、範囲変更のこともあってか様々な局面に対応しやすいのがUDK-バーゲストの魅力。

システム周回は難しくても、システムを用いない周回や、高耐久敵やボス相手などには輝くため、決して弱い性能ではないことを付け足しておきます。

【FGO攻略】UDK-バーゲストの性能評価 | 相性の良いサーヴァントや運用方法も紹介!のまとめ

FGOUDK-バーゲストイベントシナリオ

Fate/Grand Orderに登場するサーヴァント「UDK-バーゲスト」は、臨機応変な働きが可能なArts系アタッカー。

2023年8月現在ほぼ唯一の「任意で宝具の攻撃範囲を変更可能」という特性を持っているのが大きな特徴。

全体宝具で集団の敵を一気に押し流したり、単体宝具への切り替えを行い、高耐久の敵を撃ち貫いたりなど、1騎で2騎分の働きを行えるのが魅力と言えるでしょう。

また、低レアサーヴァントとの編成によって攻撃力を大幅に上昇させられるのも特筆すべき能力であり、低レア編成が多くなりがちな初心者にもおすすめしやすいと言えます。

特殊な能力を備えながらも性能自体は素直でわかりやすく、扱いやすく強力なサーヴァントであるのがUDK-バーゲスト。

興味があったならぜひ獲得を狙ってみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次