この記事内では広告を利用しています


【フラワーナイトガール(花騎士)攻略】ヒマ(競技会)の性能解説|突属性1名を強力にサポートするバッファー!

花騎士に追加された新キャラ、ヒマ(競技会)について解説します。基本的にはサポーターであるものの、編成次第ではアタッカーもこなせる為、本記事が参考となれば幸いです。

この記事を読んでいる人におすすめ

\ 新作&注目ゲームアプリ! /

毎日10連ガチャ引ける最新RPG!

新作 2月29日リリース

悠々西遊

戦略バトルRPG

iOS Android

レビュー記事執筆中

家庭用ゲームクオリティをスマホに!

新作 2月27日リリース

エクスアストリス

ターン制SFRPG

iOS Android

※有料(1,500円買い切り)

最大3,000連ガチャを無料でできる!

新作 2月23日リリース

キノコ伝説

冒険放置RPG

iOS Android

レビュー記事はこちら

始めるなら今!最新作の戦略ゲーム!

新作 1月17日リリース

王国のドラゴン

戦略ストラテジー

iOS Android

レビュー記事はこちら

この記事を読んでいる人におすすめ

\ 注目ゲーム! /

800以上の英雄と8種類のゲームモードで無数のビルドを楽しめるターン制RPG!

PCゲーム

Raid: Shadow Legends

\ モンスターハンターとコラボ実施中! /

PCで今すく遊ぶ!

100人を超える美人秘書とともに大金を稼ぐ美少女本格経営シミュレーションゲーム!

ブラウザゲーム

トリリオン・セクレタリー

美少女本格経営シミュレーション!

DL不要で今すぐ遊ぶ!

目次

ヒマとは?

元はかなり尖った性能の限定キャラであり、HPが下がる程に火力が上がるピーキーな性能の自身特化攻撃タイプでしたが、競技会バージョンはサポートタイプへと変更されています。

通常のヒマは実装から2年ほど経った今でも、たったの4回しか復刻しておらず、入手の機会が極めて少なかった事もあり、今回の別バージョン追加は、ヒマが好きな人にとってかなりの朗報と言えるでしょう。

ヒマ(競技会)の長所

突属性に対してのみ強力なバフをばら撒くアビリティ構成であり、なおかつ突属性の攻撃タイプ1名に限っては与ダメージ上昇「現在HP/最大HP」×100%を付与し、さらには味方がクリティカルを出す度に10%づつ青天井で火力が上がるバフをもたらしてくれます。

天井なしのバフは次のターンではリセットされてしまうとは言え、複数回判定のある戦闘スキルや、再行動と合わせればかなりの倍率となります。

他にも突属性のメンバーにのみ打属性を追加、弱点属性ダメージ50%上昇、全体追撃50%と、突属性だけに拘った高倍率のサポートを行ってくれます。

ヒマ(競技会)の短所

全てのアビリティが突属性にしか恩恵がない為、始めたばかりでキャラクターが少ない時や、斬や魔と言った弱点属性しか出てこないステージやルートでは活かし切れません。

青天井で火力が上がるアビリティも、あくまでクリティカルが発動した時となる為、最低限クリ率は上限まで達して置きたい所ですが、ヒマ自身の倍率が15%しか無い為、どうしても他のキャラでクリ率を盛らなくてはなりません。

また、HP割合で火力が上がるアビリティがあるものの、HP保護やHP維持は持たないので、クリ率を盛る事に加えてHP関連の防御面も他のキャラで補わなくてはなりません…

運用に関する注意点

全てのアビリティが突属性にのみしか効果がない為、必然的にメンバーは全て突属性で構成する事となります。

クリティカル率を盛りつつ、アタッカーは攻撃タイプ1名のみにして一番最後に配置し、かつ、できればHP保護やHP維持に加えて再行動率も盛り、可能であれば複数回当たり判定のある戦闘スキルを持ったキャラで編成しないと、十全には活かし切れません…

全ての条件を満たすのは非常に困難なので、何かしらを妥協しなくてはなりませんが、ヒマ(競技会)自身を攻撃タイプにして最後尾のアタッカーにすれば、1名分は余裕が産まれてくれます。手持ちの突属性達と相談して、盛る所と妥協する所を検討してみましょう。

まとめ

ヒマ(競技会)は非常にピーキーな性能と言え、完全に活かすとなればかなり限定的な編成となってしまう為、手持ちの少ない初心者やリセマラなどではお勧めできない性能のキャラクターと言えます。

とは言え、現状では代えの利かない希少なアビリティ構成のキャラなので、今後のインフレ次第では親和性の高いキャラクターも出て来る事でしょう。

かなり上級者向けのキャラなので万人にはお勧めできませんが、将来的な期待値はそれなりにあるので、気になったのであればピックアップ期間中に引いておきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次