【忍者大戦攻略】武蔵の基本構成と評価

『武蔵』の基本構成や評価、使い道について説明します。

目次

武蔵の基本構成

レア度星5
スキル構成  

武蔵のスキル詳細

スキル効果
【乱打】熟練
乱打の攻撃力が30%増加します
三段斬撃
3回目の攻撃ごとに250%の被害を与えます
体術苦行者
すべての忍者の攻撃速度が5%増加します

武蔵の覚醒能力

悪鬼・武蔵
悪鬼・武蔵が敵に接近して直接打撃し、攻撃速度が50%増加します。

覚醒システムがわからない方はこちら

武蔵の評価

武蔵の総合評価
5.0

武蔵の詳細評価

PvEでの性能
弱い
1
2
3
4
5
強い
PvPでの性能
弱い
1
2
3
4
5
強い
汎用性
低い
1
2
3
4
5
高い

スキル「三段斬撃」により高火力を出せる

武蔵は3回目の攻撃ごとにプラスで被害を与えるスキル「三段斬撃」によりPvPで高い火力を出すことができます。

スキルレベルが上がるごとに追加で与える倍率が増加するため、育成が進むほどその強さが確実なものになっていきます。

スキル「体術苦行者」で攻撃速度を上げられる

攻撃速度を上げられる「体術苦行者」は先程説明した三段斬撃と相性の良いスキルです。

攻撃速度を上げることで攻撃回数が増え、三段斬撃の発動回数を増やせます。

武蔵の使い道

武蔵はPvPで大活躍するキャラとなります。

ユタコンとメインアタッカーとしての座を奪い合う強キャラクターです。

環境により使用率が変動しやすいものの、現環境だけで言えば相当好まれて使われています。

武蔵の基本構成と評価、使い道まとめ

  • 三段斬撃が強力
  • PvPでトップクラスの火力を有する
  • 環境によりユタコンと武蔵で優劣が入れ替わる

以上が武蔵の情報となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次