この記事内では広告を利用しています


【ローグウィズデッド攻略】優先して取得すべきおすすめアーティファクト

【ローグウィズデッド】おすすめアーティファクト

死んでも能力を引き継げるアーティファクト

『ローグウィズデッド』において最も重要な立ち位置のアイテムです。

今回はそんなアーティファクトの中から、優先して取得すべき『おすすめアーティファクト5選』を紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ

\ 新作&注目ゲームアプリ! /

始めるなら今!最新MMORPG!

新作 5月21日リリース

タマモンワールド

冒険MMORPG

iOS Android

レビュー記事執筆中

最新戦略シミュレーションゲーム!

新作 5月15日リリース

キング・オブ・ビースト

戦略シミュレーション

iOS Android

レビュー記事はこちら

高い自由度が魅力の同盟対戦ゲーム!

新作 5月15日リリース

コール オブ ドラゴンズ

同盟対戦ゲーム

iOS Android

レビュー記事はこちら

大型戦国ストラテジーが登場!

新作 5月15日リリース

戦国ブシドー

大型歴史戦略SLG

iOS Android

レビュー記事執筆中

この記事を読んでいる人におすすめ

\ 注目ゲーム! /

800以上の英雄と8種類のゲームモードで無数のビルドを楽しめるターン制RPG!

PCゲーム

Raid: Shadow Legends

\ 今スタートでプロモコード獲得できる! /

PCで今すく遊ぶ!

100人を超える美人秘書とともに大金を稼ぐ美少女本格経営シミュレーションゲーム!

ブラウザゲーム

トリリオン・セクレタリー

美少女本格経営シミュレーション!

DL不要で今すぐ遊ぶ!

目次

おすすめアーティファクトを紹介する上での前提

まず前提として、この記事では幻〜神レアリティのアーティファクトは紹介しません。

なぜなら厳選を行うことができないからです。

稀少〜伝説レアリティのアーティファクトであれば、複数回“引き直し”を行うことができます。

要するにある程度狙ったアーティファクトの獲得が可能です。

幻レアリティ
神レアリティ

しかし幻レアリティ〜神レアリティのアーティファクトは、上記画像のように“引き直し”を行うことができません

そのため、運100%のアーティファクトを紹介しても厳選の方法がありません。

繰り返しになりますが、以上のことからこの記事では稀少〜伝説レアリティのおすすめアーティファクトを紹介します。

優先すべきおすすめアーティファクト5選

おすすめは上記の5つです。

それぞれについて詳しく説明してきます。

秘宝の鍵

秘宝の鍵

『秘宝の鍵』は、確定で神レアリティ(最高レア)のアーティファクトを獲得できる『秘宝の宝箱』を開けるために使用します。

『秘宝の宝箱』はダイヤを5000個使って開けることもできますが、コスパが悪すぎるため高課金プレイヤーでもない限り非現実です。

『秘宝の鍵』は使うごとに消費されてしまうため、優先的に確保することを強くおすすめします。

導きの宝玉

導きの宝玉

『導きの宝玉』は、『秘宝の宝箱』の出現率を増加させます。

神レアリティは効果がぶっちぎりで高いので、1つでも多く取得すべきです。

そのため、神レアリティのアーティファクトが出る『秘宝の宝箱』の出現率を上げるアーティファクトもまた、必然的に優先度が高いアイテムとなります。

宝石の欠片

宝石の欠片

『宝石の欠片』は転生時の獲得ジェム量を上昇することができます。

ジェムは新規キャラの取得や、ステータスの強化など多くの場面で利用します。

稀少レアリティの中では最重要のアーティファクトかと思います。

幻の秘宝

幻の秘宝

『幻の秘宝』は、幻ランクのアーティファクト獲得率を上昇することができます。

獲得するごとにパーセンテージが上昇していき、最大で200%(2倍)まで獲得率が上昇します。

幻ランクのアーティファクトは例外なく強いので、『幻の秘宝』で獲得確率を上げていきましょう。

転生のコンパス

転生のコンパス

『転生のコンパス』を獲得すると、「ユーザーと10分間で進んだ距離を競う」タイムアタックモードが行えるようになります。

タイムアタックモードは一日一回、結果によって報酬を得ることができます。

おそらくこのアーティファクトの上限が1つなので、見かけたらとりあえず獲得するようにしましょう。

初回転生時に確定入手できます

優先すべきおすすめアーティファクト5選まとめ

以上が優先して取得すべきおすすめアーティファクト5選です。

ぜひ攻略の参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次