この記事内では広告を利用しています


【Undawn攻略】ORIGIN12散弾銃の性能解説【アンドーン】

レベル60になると作れる、ORIGIN12散弾銃の性能について解説します。

もう一つの散弾銃であるM3とは使用感も大きく異なる為、そちらについても比較しつつ触れていきたいと思います。

この記事を読んでいる人におすすめ

\ 新作&注目ゲームアプリ! /

毎日10連ガチャ引ける最新RPG!

新作 2月29日リリース

悠々西遊

戦略バトルRPG

iOS Android

レビュー記事執筆中

家庭用ゲームクオリティをスマホに!

新作 2月27日リリース

エクスアストリス

ターン制SFRPG

iOS Android

※有料(1,500円買い切り)

最大3,000連ガチャを無料でできる!

新作 2月23日リリース

キノコ伝説

冒険放置RPG

iOS Android

レビュー記事はこちら

始めるなら今!最新作の戦略ゲーム!

新作 1月17日リリース

王国のドラゴン

戦略ストラテジー

iOS Android

レビュー記事はこちら

この記事を読んでいる人におすすめ

\ 注目ゲーム! /

800以上の英雄と8種類のゲームモードで無数のビルドを楽しめるターン制RPG!

PCゲーム

Raid: Shadow Legends

\ モンスターハンターとコラボ実施中! /

PCで今すく遊ぶ!

100人を超える美人秘書とともに大金を稼ぐ美少女本格経営シミュレーションゲーム!

ブラウザゲーム

トリリオン・セクレタリー

美少女本格経営シミュレーション!

DL不要で今すぐ遊ぶ!

目次

作るのには図面が必要

ORIGIN12散弾銃製作には図面(レシピ)が必要となります。このレシピを購入するためには、銃器マスターのジョブレベルを上げ、ORIGIN12製造スキルを取得しないと購入できません。

製造スキルは最初の取得でレベルMAXになるため、70以降のORIGIN12を作る際にはレシピ購入に新たなスキルは必要性ありません。

製作に必要な資源量もレベル50武器の倍ぐらい必要なので、事前にコツコツ貯めておきましょう。

ORIGIN12の長所

ORIGIN12は『連射可能』の特性を持つため、1発で当たり判定が複数ある散弾を、短時間で何度も叩き込めるのが大きな特徴です。

M3と同じく『反動大』の特性もついていますが、M3ほどの影響はなくリズム良く撃つことが可能です。

弾倉も20と散弾銃にしては多く、7m以内のターゲットに対するダメージを底上げする銃器効果もついています。

銃器効果のクールタイムが難点だったM3と異なり、クールタイムなしのパッシブスキルなので、近距離で打ち続ける限り銃器効果の恩恵を受ける事ができます。

ORIGIN12の短所

1発の火力がM3より低いせいか、弾薬の消費が多くなりがちです。

散弾銃の長所の一つに、日常の雑魚狩りで弾薬の消費を抑えられるという点もあるので、ドールシープなどのHPの高い獣をメインに狩っていると、トドメの一撃が追加で必要なシーンも増えてしまいます。

またリロードが1発づつでき、その都度発射できた3Mと異なり、リロードするとマガジンごと数秒かけて交換するタイプとなっている為、弾倉が空になっても一定のリズムで撃ち続ける事ができたM3とは、使用感が大きく異なります。

まとめ

レベル60から解放されるORIGIN12は、既存のM3散弾銃とは大きく使用感が異なる散弾銃となります。

日常の狩りはコスパの良いM3に軍配が上がりますが、戦闘では反動の影響が少なく連射が可能なORIGIN12の方がストレスなく使用できます。

アンドーンはシーンごとに最適と呼べる武器が異なる為、気になった場合はまずは作ってみて、使用感を試してみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次