この記事内では広告を利用しています


【犯人は僕です。攻略】2日目に手に入れるべき証拠品と会話の選択肢

『犯人は僕です。』は、サークルの旅行で犯罪を犯した主人公が、友達の弱みを握って警察に捕まらないようにするというミステリーノベルゲームです。

今回は、こちらの2日目の攻略方法をお教えします。

▽▼1日目の攻略方法はこちら▼▽

あわせて読みたい
【犯人は僕です。攻略】1日目に手に入れるべき証拠品と会話の選択肢 『犯人は僕です。』は、サークルの旅行で犯罪を犯した主人公が、友達の弱みを握って警察に捕まらないようにするというミステリーノベルゲームです。 今回は、こちらの1...

この記事を読んでいる人におすすめ

\ 新作&注目ゲームアプリ! /

毎日10連ガチャ引ける最新RPG!

新作 2月29日リリース

悠々西遊

戦略バトルRPG

iOS Android

レビュー記事執筆中

家庭用ゲームクオリティをスマホに!

新作 2月27日リリース

エクスアストリス

ターン制SFRPG

iOS Android

※有料(1,500円買い切り)

最大3,000連ガチャを無料でできる!

新作 2月23日リリース

キノコ伝説

冒険放置RPG

iOS Android

レビュー記事はこちら

始めるなら今!最新作の戦略ゲーム!

新作 1月17日リリース

王国のドラゴン

戦略ストラテジー

iOS Android

レビュー記事はこちら

この記事を読んでいる人におすすめ

\ 注目ゲーム! /

800以上の英雄と8種類のゲームモードで無数のビルドを楽しめるターン制RPG!

PCゲーム

Raid: Shadow Legends

\ モンスターハンターとコラボ実施中! /

PCで今すく遊ぶ!

100人を超える美人秘書とともに大金を稼ぐ美少女本格経営シミュレーションゲーム!

ブラウザゲーム

トリリオン・セクレタリー

美少女本格経営シミュレーション!

DL不要で今すぐ遊ぶ!

目次

2日目 ー裏工作ー スミレとミドリの口封じ

翌朝、リビングでスミレ、ミドリ、アカイと主人公・クロダが話していました。

そこで何気なく、「なんで落ちたかは謎だよな」と言ってしまうクロダ。

ミドリに「どうして“落ちた”なんて知ってるの?」と鋭い目で見られますが、アカイが「推理くらいする」と口を挟み、助け舟を出してくれます。

しかしミドリは目も合わせず部屋に戻ってしまい、スミレも「なんかあるなら、早いとこ白杖しなよね」と言い残してその場を去ります。アカイはフォローしてくれましたが、スミレ、ミドリと1度に2人を黙らせなくてはならなくなったクロダ。

2日目の裏工作でするべきことは、スミレとミドリの口封じです。

裏工作が始まったら、まずアカイの部屋に行きましょう。アカイは「ミドリはそっとしておいて、スミレの誤解を解け」と言ってくれるので、今度はスミレの部屋に行きます。

スミレの部屋に行くと、ツケマを捜すよう頼まれます。3つの選択肢がありますが、「机の上」が正解です。

クロダは、尽くしてくれる男を好きになりがちなスミレの機嫌を取る為、「他に困ってることとかない?」と尋ねます。すると、「ノドかわいたからなんか持ってきて」と言われます。

会話が終わってスミレの部屋を出たら、キッチンに向かいます。キッチンの戸棚を開けると紅茶があるので、紅茶をスミレの部屋に持っていきましょう。

紅茶を飲んだスミレは、部屋を飛び出してしまいます。トイレに居るので、トイレの前に行きます。スミレは、「ミドリを呼んでくれたら話を聞く」と言うので、ミドリを呼びに行きます。

するとミドリがスミレの元に行き、部屋が見れるようになるので、「スマホの予定通知」「キャバ嬢の名刺」が手に入ります。

最後に和室へ行き催告書」を手に入れて、裏工作は終了です。

2日目 ー会議ー スミレとミドリの口封じ

今回の会議でも、早速クロダが問い詰められます。

クロダが今朝、「なんで落ちたかは謎だよな」と言ってしまったことをバラし、「言ったよね?」と確認するミドリ。選択肢が表示されるので、「うん、言ったよ」を選びます。

疑惑度が40%に下がりますが、ミドリは「なんで落ちたと思ったの?」と更に訊いてきます。ここでは、「落ちたと思うのは当然」を選び、疑惑度を更に下げます。

クロダは、「皆殺されたと思っているが、普通に考えたらあれは事故だ」「ミドリはそんなにシラユキが殺されてほしかったのか?」と言います。

皆から「言いすぎだ」「ミドリにシラユキが死んで喜ぶ理由なんてない」と責められますが、ここでミドリにとってシラユキが殺されて喜ぶ理由となる「スマホの予定通知」にある借金の話をしましょう。疑惑度が20%にまで下がります。

大人しいミドリが、人を殺せるはずはありません。ただ、ミドリには別の顔があります。それを証明する「キャバ嬢の名刺」を出します。

ミドリは泣きながら部屋を出ていってしまい、会議が終わります。

その後、ミドリがクロダの元に来て、「さっきはよくも借金のことをバラしてくれたね」「お金の貸し借りなんて誰でもすることでしょ?」と言ってきます。

ただ、ミドリの借金の額は100万円と常識を超えています。「催促書」を出して問い詰めましょう。

これにより疑惑度は0%になり、お互いにこれ以上疑わないことを約束し、2日目が終わります。

『犯人は僕です。』 2日目のまとめ

裏工作パート

①アカイに話しかける

②スミレの部屋に行く

③「机の上」を選択

④キッチンで「紅茶」を手に入れる

⑤スミレに「紅茶」を渡す

⑥トイレに行く

⑦ミドリの部屋で「スマホの予定通知」「キャバ嬢の名刺」を手に入れる

⑧和室で「催促書」を手に入れる


会議パート

①「うん、言ったよ」を選択

②「落ちたと思うのは当然」を選択

③証拠「スマホの予定通知」を出す

④証拠「キャバ嬢の名刺」を出す

⑤証拠「催促書」を出す

いかがでしたでしょうか?

この他の立ち回りでも別のエンディングを見ることができるので、ぜひ色々試してみてください!

3日目の攻略記事もお楽しみに!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次