この記事内では広告を利用しています


【花騎士攻略】イリスの性能解説(どらぷりコラボキャラ)|やられたら倍返しどころでは済まさない、新感覚の反撃バフキャラ【フラワーナイトガール】

花騎士に追加されたコラボキャラ、イリスについて解説いたします。

ハマった時の超火力が光るキャラですが、かなりの下準備がなければ活かせないキャラなので、参考になれば幸いです。

この記事を読んでいる人におすすめ

\ 新作&注目ゲームアプリ! /

毎日10連ガチャ引ける最新RPG!

新作 2月29日リリース

悠々西遊

戦略バトルRPG

iOS Android

レビュー記事執筆中

家庭用ゲームクオリティをスマホに!

新作 2月27日リリース

エクスアストリス

ターン制SFRPG

iOS Android

※有料(1,500円買い切り)

最大3,000連ガチャを無料でできる!

新作 2月23日リリース

キノコ伝説

冒険放置RPG

iOS Android

レビュー記事はこちら

始めるなら今!最新作の戦略ゲーム!

新作 1月17日リリース

王国のドラゴン

戦略ストラテジー

iOS Android

レビュー記事はこちら

この記事を読んでいる人におすすめ

\ 注目ゲーム! /

800以上の英雄と8種類のゲームモードで無数のビルドを楽しめるターン制RPG!

PCゲーム

Raid: Shadow Legends

\ モンスターハンターとコラボ実施中! /

PCで今すく遊ぶ!

100人を超える美人秘書とともに大金を稼ぐ美少女本格経営シミュレーションゲーム!

ブラウザゲーム

トリリオン・セクレタリー

美少女本格経営シミュレーション!

DL不要で今すぐ遊ぶ!

目次

イリスとは?

どらぷりコラボ後半で追加された、品種なしの魔属性キャラクターです。アビリティ構成が非常に珍しいタイプで、やられた後に本気を出すタイプのキャラクターとなります。

コラボ元がR18と言う事もあり、花騎士でも年齢制限版のシーンには対応しています。

イリスの長所

高倍率な自身へのバフと全体へのバフを、バランス良く撒いてくれるかなり有能なバッファーです。

自身は、弱点属性ダメージ上昇100%と与ダメージ上昇50%、連撃10%を常時発動しつつ、5人全員には追撃100%、再行動率20%、弱点属性50%UPを付与してくれます。

弱点属性50%UPの5人には自分も含まれるので、自身へのバフである弱点属性100%UPと与ダメ50%UPとも重なり、魔属性弱点の敵には常に火力が200%UPした状態で挑めます。

そしてなにより目を引くのが、全体でカウントして20回攻撃を受けた次のターンには、それ以上に凶悪なバフをばら撒く点。

自身は連撃10%UPに加えて攻撃力100%UPとほどほどですが、品種なしのキャラクターには300%ものバフをばら撒いてくれます。

自分も品種なしなので、常時発動している自己バフとこれらが重なり、最高で500%も火力が上がる事になります…

イリスの短所

非常に完成されたアビリティ構成をしているものの、本領を発揮するのは被弾した後である為、何一つ防御系のアビリティを持たないイリスだけでは、高難易度に対処できません。

既存の花騎士達ともそれなりに親和性はありますが、回復や壁役などを考慮すると、どうしても一番親和性があるのは同作のコラボキャラ達となり、それ以外のメンバーだと長所である品種なし300%を腐らせる事になってしまいがちです…

運用に関する注意点


最大限活かす為には、十分な防御役と品種なしのメンバーが必要となるので、基本的にはコラボキャラ達を生かす為のアビリティ構成と言えます。

特に同時に実装された回復&壁役のできるさんごとの相性は良く、イリスを採用するのであれば合わせて編成しておきたいパートナーとなります。

本領を発揮する為には、どうしても最低1手は敵側に譲る必要があるのに、品種なしのみでは攻防の両立が困難となり、コラボキャラ以外での編成難易度は非常に高いです。

逆に言ってしまえば、あれこれ難しく考えずに今回のコラボキャラ5人で編成すれば、魔属性に偏ってしまうとは言え、非常に完成された編成が出来上がるのですが、流石に4体もの星6を一度に揃えるのは、厳しいものがあります…

まとめ

イリスは自身強化と全員強化、両方に対応できる非常に有能なバッファーですが、完全に活かす為の条件はかなり厳しく、編成できるメンバーが限られてしまうのが最大のネックです。

条件を満たした時の爆発力は非常に浪漫がありますが、現状では完全な親和性を持つのがコラボキャラばかりとなり、かなり扱い辛いキャラクターとなります。

とは言え、品種なしへの300%を腐らせたとしても、最近のインフレには付いていけている性能と言えるので、今後の品種なし増加を考えて引いておくと言うのも、選択肢として大いにありでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次